FC2ブログ

即興音楽データベース

≪ OZ NOY - OZ LIVE CDレビューホームLangerado Music Festival 2008のラインナップ発表 ≫


Tea Leaf Green - Taught To Be Proud CDレビュー

B000BM6AY2Taught to Be Proud
Tea Leaf Green



最近のJamband界で、フェスティバルなどにも引っ張りだこで、勢いのあるTea Leaf Greenの2005年発売のアルバムの紹介です。

正にアメリカンロック王道の、ゆったりとしたリズムとメロディアスな旋律が特徴的。近いところで言うと、Widespread Panicに近い感じでしょうか。年に100回以上のライブをこなし、若手でありながら楽曲の完成度はかなり高いです。

このTea Leaf Greenが注目を集めだしたのは、PhishのTrey Anastasioのツアーのサポートをしてから。まさに幸運さも持ち合わせているのですが、彼らの実力から当然といった感じがします。

このアルバムのタイトルともなっている、「Taught to Be Proud」は、第6回Jammy AwardsのSong of the Yearにも選ばれており、メロディアスでなにか影のあるすばらしい楽曲です。

日本での知名度はまだまだですが、今後もっと注目していきたいと思っています。
Widespread Panicもそうですが、この手のアメリカンロックバンドは日本では受けないのかな~。

ライブの試聴ができます。
↓↓↓
Tea Leaf Greenオフィシャルサイト

★★★★☆

 

関連するキーワード: TeaLeafGreen  

  ←ぽちっとな!

 

≪ OZ NOY - OZ LIVE CDレビューホームLangerado Music Festival 2008のラインナップ発表 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

スポンサー

ブログ内検索

メニュー

今週おすすめの1枚

キーワード


最近の記事

プロフィール

steelydan

Author:steelydan
80年代POPS→フュージョン→HR/HM→ギターインスト→Blues→Jazz→Jambandと好きなジャンルが変遷しながらも、ボーダレスに音楽を楽しむ31歳ギターリスト。
ライブバンドやテクニカルな演奏を好む。
 

最近聞いた曲

月別アーカイブ

最新コメント

QRコード

リンク

RSSフィード