FC2ブログ

即興音楽データベース

≪ Stevie Wonder 狂気のドラミングホームErik Mongrainがタワレコでライブするようです ≫


Keller & the Keels - Grass CDレビュー

B000EDWLNCGrass
Keller & the Keels



2006年3月発売。Keller & the Keelsというのは、Keller Williamsと、ブルーグラス界のベテランギターリストLarry Keel、そしてKeelの妻Jenny Keel(ベース)の3人組のユニットです。

タイトル、ジャケットから見てもわかるとおり、全編ブルーグラスで攻めるKeller Williamsなんです。ブルーグラスの心地いいテンポと、3人の爽快なコーラスがなかなかいい感じなんですが、とはいえやっぱりKeller節もたっぷり。

ブルーグラス特有の激うまフラットピッキングが聴けたり、なにかユーモアのある部分があったりと彼の個性が生きたいい作品に仕上がっています。

また、Pink Floydの「Another Brick In The Wall」、Grateful Deadの「Dupree’s Diamond Blues」のカバー曲も入っています。これもいい感じでブルーグラス化されているのはおもしろい。


なかなかいい動画がなかったのですが、雰囲気は伝わるかなと。

★★★★☆

 

関連するキーワード: KellerWilliams  

  ←ぽちっとな!

 

≪ Stevie Wonder 狂気のドラミングホームErik Mongrainがタワレコでライブするようです ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

スポンサー

ブログ内検索

メニュー

今週おすすめの1枚

キーワード


最近の記事

プロフィール

steelydan

Author:steelydan
80年代POPS→フュージョン→HR/HM→ギターインスト→Blues→Jazz→Jambandと好きなジャンルが変遷しながらも、ボーダレスに音楽を楽しむ31歳ギターリスト。
ライブバンドやテクニカルな演奏を好む。
 

最近聞いた曲

月別アーカイブ

最新コメント

QRコード

リンク

RSSフィード