FC2ブログ

即興音楽データベース

≪ Rodrigo y Gabrielaが来日! ホームStanton Mooreのニュープロジェクト、「Street Sweeper」 ≫


John Pizzarelli at Motion Blue Yokohama

赤レンガ倉庫

モーションブルーヨコハマの無料招待券をもらったので、ジョン・ピザレリの公演に行ってきました!

といっても、「ジョン・ピザレリ」のことは全く知りません・・・

1月に無料招待券の期限が切れるため、よさげなやつをチョイスしたのがこの「ジョン・ピザレリ」

これがまた、思った以上によい音楽を聴かせてくれました。

渋い声であり、また甘い声も聴かせてくれるヴォーカル、そして何より流れるようなギターフレーズに、盛り上がりを見せるコードワーク、おしゃれなJazz演奏に散りばめられたその独特な感性が十分に伝わってきてとても興味深く聴けた。

そして、エンターテイナーなJohn Pizzarelliの一面も。

ある曲の終わりに、前に座っていた女性が「Jersey's Song」と大きく書いた紙を見せると、ジョンがそれに応じて、そのリクエストに答えて曲をやりだす。

そう、これは、Bob Dyran、Sting、The WHO、Paul Simon、Beach Boysといった人たちの物まねタイムなのだ。これがまた似ていて、観客の笑いを誘う。

そしてバラードが始まるとまたJohnの声に引き込まれる。ピアノ、ウッドベース(ジョンの弟らしい)、ドラムの演奏も素晴らしかった。

そんな緩急があり、観客をあきさせない素晴らしいステージを見せてくれたジョン・ピザレリ。新たに彼の音楽を後でじっくり聴いてみようと思いました。

B000FPWXFUディア・ミスター・シナトラ
ジョン・ピザレリ・ウィズ・ザ・クレイトン・ハミルトン・ジャズ・オーケストラ


  ←ぽちっとな!

 

≪ Rodrigo y Gabrielaが来日! ホームStanton Mooreのニュープロジェクト、「Street Sweeper」 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

スポンサー

ブログ内検索

メニュー

今週おすすめの1枚

キーワード


最近の記事

プロフィール

steelydan

Author:steelydan
80年代POPS→フュージョン→HR/HM→ギターインスト→Blues→Jazz→Jambandと好きなジャンルが変遷しながらも、ボーダレスに音楽を楽しむ31歳ギターリスト。
ライブバンドやテクニカルな演奏を好む。
 

最近聞いた曲

月別アーカイブ

最新コメント

QRコード

リンク

RSSフィード