即興音楽データベース


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年一番聴いたアーティスト2009年版

さて今年も終わりが近づいているということで、今年1番聴いたアーティストをLast.fmでScrobbleしたデータを元にランキングにしてみます。

第1位 OZ NOY


B002JODUOSSchizophrenic
Oz Noy

今年新作を発表し、ビルボードライブでの来日公演も行ったOZ NOY。近年私のお気に入りでもあります。

この新作はOZ NOYらしくもあり、新しい要素を取り入れた意欲作だと思います。

今年のヘビーローテーションでした。


第2位 SOULIVE


B002I17XTAライヴ・アット・ブルーノート東京 [2枚組]

こちらも新作「UP HERE」発表、ビルボードライブ来日でした。

そして10月に出た、このブルーノート東京公演2枚組。

これもヘビーローテーションです。


第3位 The Disco Biscuits


B000EQ5QD6The Wind at Four to Fly
Disco Biscuits

フジロック初出演。見に行けなかったのが本当に残念。

個人的に今まで聴いてなかったのがなぜ?って感じ。本当にお気に入りの1枚。

今年一番聴いたアルバムかもしれません。


第4位 ハナレグミ


B0026QYMSWあいのわ

この中では異色だが必然。

永積タカシの歌はハンパなくはまります。


第5位 渋さ知らズ


B001HK0EA8巴里渋舞曲
渋さ知らズ

あまりにもゴキゲンになれる一枚。

これも聴き倒しました。


第6位 Norah Jones


B002P5XPFAザ・フォール
ノラ・ジョーンズ

今年新作を発表したNorah Jones。

ピアノがなくてもノラはノラだ。

こうした変化ができる懐の大きさを感じた。これも良盤。



第7位 The String Cheese Incident


B002TCRPOGTrick or Treat: Best of the String Cheese Incident
The String Cheese Incident

今年は1度限りの再結成を果たしました。

様子を動画等で見ましたが、いつか再結成するんじゃないかと。

Phishのようにね。。


第8位 Jack Johnson


B002KU6BIIコンサート~ライヴ・ヒッツ・コレクション

今年はあまり動きがなかったようですが、素敵なライブ盤が発売されました。


第9位 Hypnotic Brass Ensemble


B002AV4HCOヒプノティック・ブラス・アンサンブル
ヒプノティック・ブラス・アンサンブル

今年の発掘系の一つ。

朝霧JAMに出演ということで聴きましたが、これはかなりいけます。

ライブもよかった!


第10位 John Mayer


B002QEXN2KBattle Studies
John Mayer

今年は新作発表。

このアルバムはマジでいいです。聴きこむほどに引き込まれる。


以下は画像ではりつけました。

last.fm貼付け


今年はいろいろと忙しかったのもあり、本当にライブに行かなかったなと。来年はもっと出かけたいな~


来年ももっと新しいミュージシャンやよい音楽に巡り会えますように。

スポンサーサイト

Bose Computer MusicMonitor マルチメディアスピーカー M2 レビュー

B000X8C6ROBose Computer MusicMonitor マルチメディアスピーカー M2

パソコン用のスピーカーに「BOSE M2」を購入しました。

手に収まるほどのサイズからは考えられない、BOSEらしい重低音とクリアな高音、音量もしっかり出ます。

BOSE M2 その1
正面の図。

スピーカーの角度が、デスクトップのある程度近距離で聴くことを想定されていて、音がまるで生きているように感じます。下手なミニコンポを買うより数段良いと思います。

BOSE M2 その2
ちょっと離れた図。モニターと比べてもとても小さい!

家では、初BOSEでしたがこれは本当にいい買い物でした。

Amazonのレビュー価格.comのレビューでも絶賛ですね。

CDをコンパクトに収納、「盤事解決」 VS 「コクヨ MEDIA PASS!」

CD棚

CDがそろそろ棚に満タンになってきたので、CDをコンパクトに収納したい!ということで、ヤホーでいろいろと検索してみると、結構方法はあるものですねー

かさばるCDケースをやめて、コンパクトなケースに入れ替えするのが一番よさげということで、そのコンパクトなケースを探してみて、2つのケースに行き着きました。

それが、「盤事解決」 と「コクヨ MEDIA PASS!」です。

「盤事解決」と「コクヨ MEDIA PASS!」1
左が「コクヨ MEDIA PASS!」で右が「盤事解決」

MEDIA PASSは二つ折になっていて、片方にCDと裏ジャケット、もう片方に表ジャケットを入れる形になってます。盤事解決は透明の袋に、CDを入れる不織布が別になっています。

「盤事解決」と「コクヨ MEDIA PASS!」2
CDを収納してみました。

MEDIA PASS(左)はジャケットより結構大きく余裕があります。また少し厚め。盤事解決(右)は裏ジャケットがジャストサイズ、しかもとても薄く収まります。

「盤事解決」と「コクヨ MEDIA PASS!」4
5枚ほど入れてみましたが、薄さは一目瞭然。MEDIA PASS(真ん中)は約1/2ほど、盤事解決は約1/3ほどになりました!

「盤事解決」と「コクヨ MEDIA PASS!」3
こちらは裏ジャケット。

CDの取り出しやすさ、耐久性に関してはMEDIA PASSに軍配。見開きでCDが出しやすいし、ケースが破れにくく頑丈。またAmazonで購入可能です。

B001EQ7DZOコクヨS&T CD/DVD用ソフトケース MEDIA PASS 1枚収容 50枚セット 白 EDC-CME1-50W


薄さやぴったり感、価格に関しては盤事解決。1枚あたり単価13円(MEDIA PASSは約38円)というコストパフォーマンスが魅力。収納効率が高い。CDが多い方におすすめ。ただし個人で売られているようなので、AMAZONほどの手軽さはないですね。

「盤事解決」の購入方法と紹介はこちら

無料でサンプルを送ってくれます。

個人的には盤事解決ですかね。iTunesに入れたらほぼCDを取り出さないし、何と言っても価格が魅力的です。

マイケル・ジャクソン急死

マイケル・ジャクソン急死 享年50歳

昨日はこのニュースで持ちきりでした。

私が彼の音楽に初めて触れたのは小学生の時。
B00273D3Z2スリラー(紙ジャケット仕様)
マイケル・ジャクソン

この「スリラー」が入ったテープをすり減らすほど聴いたなー

思えば、マイケルから洋楽を聞き出した気がします。歌詞の意味は全くわからなかったけど、とにかくかっこよかった。


「We are the World」

マイケルの透き通るような声を聴いていると、泣けてきます・・・本当にいい歌ですね。

偉大なシンガーのご冥福をお祈りします。

今年一番聴いたアーティスト2008年版

昨年の

今年一番聴いたアーティストは?

と同様に2008年版、今年一番聴いたアーティストをLast.fmのScrobbleデータを使って集計してみました。

10位 Steely Dan


B00003002CAja
Steely Dan

今年特に動きがなくあまりヘビーに聴いた覚えはないですがランクイン。iTunesに全アルバム入ってるから曲数が多いのでしょう。


9位 Keller Williams


B001DSNG2CLive
Keller Williams

こちらも今年はあまり聴いてない気がしますが、、ランクインです。入ってる曲が多いからかなー。でも大好きなアーティストです。


8位 John Mayer


B0019IB26IWhere the Light Is: John Mayer Live in Los Angeles
John Mayer

この2枚組ライブアルバムは今年ヘビーローテーションでした。ライブを生で観てみたいですね。


7位 Soulive


B000059QYADoin' Something
Soulive

今年もブルーノートに来ましたね。私の中では定番です。


6位 Rodrigo y Gabriela


B000HKDEE2Rodrigo y Gabriela
Rodrigo y Gabriela

単独ライブ、そしてフジロックでの来日と今年は日本で大活躍の年でした。すごいインパクトでしたね。このブログでも何度も取り上げました。


5位 Lettuce


B001675STERage!
Lettuce

こちらもフジロック出演でしたね。見に行けませんでしたが。。このアルバムはとてもファンキーで好きです。


4位 The String Cheese Incident


B00000DF6WA String Cheese Incident Live
The String Cheese Incident

とっくに解散してしまってますが。曲の多さでランクインですね。個々のメンバーの動向はちゃんと追ってます。


3位 Jack Johnson


B000Z0UEU6Sleep Through the Static
Jack Johnson

年初めのアルバム発売、来日、そしてクリスマスオムニバスの発表となかなかいい動きを見せてくれました。このアルバム、本当によかったです。


2位 The Bad Plus


B001EGQOKEFor All I Care
The Bad Plus

ブルーノート公演は本当にある意味楽しかったです(笑)そして新アルバムはボーカル入り。いつも驚かされてる気がします。とはいえ2位とは自分でも驚きです。


1位 Oz Noy


B00080Z6QKHa!
Oz Noy

意外なアーティストが1位でした!Oz Noyはまさに自分の中のツボです。絶妙なプログレッシブ感とギターのアウトサイドな感じがとてもはまりました。今年出たアルバムではないですが、今年本当によく聴きました。


昨年と半分くらいかぶってますね。上位の方はあんまり変わらないなー

自分の感覚では、あと、
・Priscilla Ahn
・Matt Costa
・Béla Fleck and the Flecktones

この辺をよく聴いたなとおもってます。

最後に結果を貼り付け
last.fm2008

カナル型ヘッドフォン「Ultimate Ears Metro.fi 150」

iPodで標準でついているヘッドフォンが微妙に断線していてビリビリと音がしだしたので、ヘッドフォンを買い換えました。

いつも使うもので、一番音楽を聴くのに利用するものなので、安物ではないレベルで、とはいえよく断線したりして寿命は1年~2年くらいのものなので、予算5,000円くらいで選んでみました。

そして選んだのがUltimateEars社のUltimateEars Metro.fi 150 BLACK METRO-FI150という商品です。

B001F516TIUltimateEars Metro.fi 150 BLACK METRO-FI150
Ultimate Ears 2008-08-29



正直、ここまで変わるとはというほど、音が良くなりました!

低音そして高音がはっきり聴こえて音が鮮明になったようなイメージ。特に低音に関しては、かなり迫力が出たような気がします。

インイヤー型と、開放型での違い、周りの音を遮音している効果かもしれないですが、この鮮明な音は使ってみると本当に実感できると思います。

他に思ったことを箇条書きすると、

・ヘッドが小さく取り扱いやすい。
・装着感は少しきついがイヤーチップを小さくすると快適。
・コードの長さは標準のiPodと同じくらいで120cmくらいで取り扱いやすい。
・ケースがついてくるが、使いにくい。(と思う。)
・デザインはちょっと安っぽい。
・以前、インイヤー型を利用したときに気になった、コードを触ったときにがさがさとする感じが少なくなってる。
・音漏れは少ない

といったところでしょうか。

ヘッドフォンを変えると音楽を聴くのが楽しくなりますね。

Apple Store(Japan)

Apple Storeのヘッドフォンのレビューはかなり参考になりますよ。

また下記のサイトはヘッドフォン選びに参考になります。

バイヤーズガイド:自分にピッタリのイヤフォンを選び出す――カナル型編 (1/6) - ITmedia +D LifeStyle

5,000円レベルで満足してしまいましたが、次はもっと高いのを試したくなりました。

GUNS N' ROSESの新作が遂に登場!

B001IZIK3Aチャイニーズ・デモクラシー(初回限定)(SHM-CD)
ガンズ・アンド・ローゼズ
UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M) 2008-11-22


遂にあのGUNS N' ROSESが17年ぶりの新作「Chinese Democracy」が11月22日に発売になるということで、ロック界は非常に盛り上がっているようです。まあずっと出る出ると噂されては立ち消えていたのが、今度は本気で出るようなのでね。Amazonでも予約開始していますし。

さらに17年ですよ、17年!あのBostonでさえ8年周期とか言われましたが、軽く超えてきました。しかも制作費は14億円以上ということで、1曲1億円の計算。ブライアン・メイも参加しているとか。

そういえば、メンバーはどうなってんの?

ということで、Wikipedia - GUNS N' ROSESによると、結構流動的なようですね。なんかよくわかりません・・・

いや~さすがに話題満載です。

ともあれ、Gunsのオフィシャルページで視聴できるのでまずは聴いてみてはいかがでしょうか。

Guns N' Roses: Home: Guns N' Roses | Chinese Democracy | 11.23.2008

GUNS N' ROSES、オフィシャルサイトにて『Chinese Democracy』のリード・トラックとなるタイトル曲の試聴がスタート。発売までカウントダウンも

HomeNext ≫

スポンサー

ブログ内検索

メニュー

今週おすすめの1枚

キーワード


最近の記事

プロフィール

steelydan

Author:steelydan
80年代POPS→フュージョン→HR/HM→ギターインスト→Blues→Jazz→Jambandと好きなジャンルが変遷しながらも、ボーダレスに音楽を楽しむ31歳ギターリスト。
ライブバンドやテクニカルな演奏を好む。
 

最近聞いた曲

月別アーカイブ

最新コメント

QRコード

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。