FC2ブログ

即興音楽データベース

 


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOULIVE Billboard Live公演決定

SOULIVEがBillboard Live公演決定のようです。

5/26(水) ビルボードライブ大阪
5/27(木) ビルボードライブ大阪
5/28(金) ビルボードライブ東京
5/29(土) ビルボードライブ東京


メンバーは、3人+ホーン隊でしょうか。

ClubBBL/法人会員は3/19から、一般は3/26からチケットの予約開始だそうなのでお忘れなく。

スポンサーサイト

今年一番聴いたアーティスト2009年版

さて今年も終わりが近づいているということで、今年1番聴いたアーティストをLast.fmでScrobbleしたデータを元にランキングにしてみます。

第1位 OZ NOY


B002JODUOSSchizophrenic
Oz Noy

今年新作を発表し、ビルボードライブでの来日公演も行ったOZ NOY。近年私のお気に入りでもあります。

この新作はOZ NOYらしくもあり、新しい要素を取り入れた意欲作だと思います。

今年のヘビーローテーションでした。


第2位 SOULIVE


B002I17XTAライヴ・アット・ブルーノート東京 [2枚組]

こちらも新作「UP HERE」発表、ビルボードライブ来日でした。

そして10月に出た、このブルーノート東京公演2枚組。

これもヘビーローテーションです。


第3位 The Disco Biscuits


B000EQ5QD6The Wind at Four to Fly
Disco Biscuits

フジロック初出演。見に行けなかったのが本当に残念。

個人的に今まで聴いてなかったのがなぜ?って感じ。本当にお気に入りの1枚。

今年一番聴いたアルバムかもしれません。


第4位 ハナレグミ


B0026QYMSWあいのわ

この中では異色だが必然。

永積タカシの歌はハンパなくはまります。


第5位 渋さ知らズ


B001HK0EA8巴里渋舞曲
渋さ知らズ

あまりにもゴキゲンになれる一枚。

これも聴き倒しました。


第6位 Norah Jones


B002P5XPFAザ・フォール
ノラ・ジョーンズ

今年新作を発表したNorah Jones。

ピアノがなくてもノラはノラだ。

こうした変化ができる懐の大きさを感じた。これも良盤。



第7位 The String Cheese Incident


B002TCRPOGTrick or Treat: Best of the String Cheese Incident
The String Cheese Incident

今年は1度限りの再結成を果たしました。

様子を動画等で見ましたが、いつか再結成するんじゃないかと。

Phishのようにね。。


第8位 Jack Johnson


B002KU6BIIコンサート~ライヴ・ヒッツ・コレクション

今年はあまり動きがなかったようですが、素敵なライブ盤が発売されました。


第9位 Hypnotic Brass Ensemble


B002AV4HCOヒプノティック・ブラス・アンサンブル
ヒプノティック・ブラス・アンサンブル

今年の発掘系の一つ。

朝霧JAMに出演ということで聴きましたが、これはかなりいけます。

ライブもよかった!


第10位 John Mayer


B002QEXN2KBattle Studies
John Mayer

今年は新作発表。

このアルバムはマジでいいです。聴きこむほどに引き込まれる。


以下は画像ではりつけました。

last.fm貼付け


今年はいろいろと忙しかったのもあり、本当にライブに行かなかったなと。来年はもっと出かけたいな~


来年ももっと新しいミュージシャンやよい音楽に巡り会えますように。

SOULIVE - Live at Blue Note Tokyo CDレビュー

B002I17XTAライヴ・アット・ブルーノート東京 [2枚組]
ソウライヴ

すっかり見逃していました。私も見に行った2008年7月のSOULIVEブルーノート公演のベスト曲集2枚組です。

Disk1がいつものトリオでの演奏、そしてDisk2はホーン隊(サム・キニンジャーなど)が加わった形という構成。

はっきりいって、えげつないことになってます。ニールのぶりぶりのベースにアランのファンキーなドラム、エリックのギターワーク、これぞSOULIVEのライブの醍醐味を味わえるアルバムです。

SOULIVEでは、個人的に以前の「ライブ!」に収録されている「1 in 7」がお気に入りだったりしますが、今回もなかなか激しい感じになってます。インストでここまで盛り上がれるバンドもすごいですよね。

ホーン隊つきの方も、「Tuesday Night's Squad」そして最後、お決まりの「Tighten Up」といったところがなかなかヤバイ感じです。

SOULIVEはやっぱインストがいいのかな。

B0029ZUQ94Up Here
Soulive


こちらの新作輸入盤には、なんとブルーノート公演のDVD付きだったようです。

DVD欲しさに新作をもう一枚買ってしまうか。

SOULIVE - UP HERE CDレビュー

アップ・ヒア - ソウライヴ
B001Q6IGX0
SOULIVE、2年振りの新作「UP HERE」。

前作のボーカルを入れた体制から、また3人体制に戻ってからの新作ということで、どういった音を聴かせてくれるのか楽しみでしたが、これがなかなかいけます。

1曲目「Up Right」はいままでのSouliveでは聴いたことのない、暗いタッチのファンキーナンバーで、ええ感じです。ボーカル曲「Too Much」「Tonight」なんて、もうそれはJB風。

そして終始、ホーン隊、インスト曲とボーカル曲の混ぜあわせで進むんですが、ほんとに一貫してファンク!ファンク!もうサイドプロジェクト「Lettuce」はいらないんじゃない?って思わせるくらいです。

個人的には、もう1歩キャッチーな曲が欲しいなというところはありましたが、デビュー10周年のSouliveは確実に前に進んでいるように思います。

とりあえず買いの1枚でしょう。

★★★☆☆

SouliveとErik Mongrainがビルボード東京にて公演決定

SouliveErik Mongrainがビルボードライブに初登場決定のようです!

Soulive
2009年7月6日(月) ビルボードライブ東京
2009年7月7日(火) ビルボードライブ東京
2009年7月8日(水) ビルボードライブ東京
2009年7月13日(月) ビルボードライブ福岡
2009年7月14日(火) ビルボードライブ福岡
チケット情報をみる

Erik Mongrain
2009年6月1日(月) ビルボードライブ大阪
2009年6月2日(月) ビルボードライブ東京
チケット情報をみる


そしてSouliveのニューアルバムも登場の模様。
B001Q6IGX0アップ・ヒア
ソウライヴ

今回は原点回帰ということで3人が中心のFUNK回帰アルバムだそうです。

やっぱりヴォーカリスト入りはSouliveにあわなかったみたいですね。

さっそくMYSPACEで試聴できますよ~

http://www.myspace.com/soulive

いままでとちょっとテイストの違う感じですが、なかなかではないでしょうか。

ボーナストラックでライブ音源も収録されているようなのでそっちも楽しみです。

今年一番聴いたアーティスト2008年版

昨年の

今年一番聴いたアーティストは?

と同様に2008年版、今年一番聴いたアーティストをLast.fmのScrobbleデータを使って集計してみました。

10位 Steely Dan


B00003002CAja
Steely Dan

今年特に動きがなくあまりヘビーに聴いた覚えはないですがランクイン。iTunesに全アルバム入ってるから曲数が多いのでしょう。


9位 Keller Williams


B001DSNG2CLive
Keller Williams

こちらも今年はあまり聴いてない気がしますが、、ランクインです。入ってる曲が多いからかなー。でも大好きなアーティストです。


8位 John Mayer


B0019IB26IWhere the Light Is: John Mayer Live in Los Angeles
John Mayer

この2枚組ライブアルバムは今年ヘビーローテーションでした。ライブを生で観てみたいですね。


7位 Soulive


B000059QYADoin' Something
Soulive

今年もブルーノートに来ましたね。私の中では定番です。


6位 Rodrigo y Gabriela


B000HKDEE2Rodrigo y Gabriela
Rodrigo y Gabriela

単独ライブ、そしてフジロックでの来日と今年は日本で大活躍の年でした。すごいインパクトでしたね。このブログでも何度も取り上げました。


5位 Lettuce


B001675STERage!
Lettuce

こちらもフジロック出演でしたね。見に行けませんでしたが。。このアルバムはとてもファンキーで好きです。


4位 The String Cheese Incident


B00000DF6WA String Cheese Incident Live
The String Cheese Incident

とっくに解散してしまってますが。曲の多さでランクインですね。個々のメンバーの動向はちゃんと追ってます。


3位 Jack Johnson


B000Z0UEU6Sleep Through the Static
Jack Johnson

年初めのアルバム発売、来日、そしてクリスマスオムニバスの発表となかなかいい動きを見せてくれました。このアルバム、本当によかったです。


2位 The Bad Plus


B001EGQOKEFor All I Care
The Bad Plus

ブルーノート公演は本当にある意味楽しかったです(笑)そして新アルバムはボーカル入り。いつも驚かされてる気がします。とはいえ2位とは自分でも驚きです。


1位 Oz Noy


B00080Z6QKHa!
Oz Noy

意外なアーティストが1位でした!Oz Noyはまさに自分の中のツボです。絶妙なプログレッシブ感とギターのアウトサイドな感じがとてもはまりました。今年出たアルバムではないですが、今年本当によく聴きました。


昨年と半分くらいかぶってますね。上位の方はあんまり変わらないなー

自分の感覚では、あと、
・Priscilla Ahn
・Matt Costa
・Béla Fleck and the Flecktones

この辺をよく聴いたなとおもってます。

最後に結果を貼り付け
last.fm2008

Soulive at ブルーノート東京

Soulive blue noto Tokyo

Souliveのブルーノート東京公演行ってきました。

前回ボーカルが入った時は行けなかったので、だいぶ久しぶりな感じです。

Souliveは、ゲストボーカルが入ったり、ホーン隊が入ったり、トリオだったりといろんな形態を見てきましたが、今回はホーン隊の3人が入ってます。しかも、サックスはあのSam Kininger!と言うわけで、行く前からかなりテンション高めです。

さて、かなり押し気味の時間になって、どこからかドラムのアランのリバーブのかかった声が聞こえてきて3人が登場です。いつもの「Steppin'」のドラムを刻み始めます。おーきたなという感じになります。

2曲目からはホーン隊の3名も登場。「Next」に入ってるホーン系の曲中心に展開。このホーン隊もぴったりだなあと。特にSam Kiningerのソロは抜群にかっこいい!

で、いつものことながら、ニールの左手は神です。もう、ぐりぐりのグルービーなベース音は、ベースギターでは表現できない独自性があります。ブルーノートにこんな爆音が鳴り響くのも、あんまりないのかなと思いますが。すごいことになってました。

最後は総立ちで、アランのボーカルで「Tighten Up」。踊りまくりでした。

いや~今回は今までの中でも音とか選曲とか含めて、ベストともいえる感じがしました。まだまだSoulive健在ですね!

うろ覚えですが、こんな感じのセットリストです。

2008.7.24 2nd Show
1. Steppin' 
2. Cannonball
3. Liquid
4. El Ron
5. Tuesday Night Squad
6. Vapor
7. Flurries
8. Lenny
9. Dig
-- Encore --
1. Tighten Up

そういえば、いままさにフジロックでLettuceが登場している時間ではないですか!

見に行っている方がうらやましい・・・

HomeNext ≫

スポンサー

ブログ内検索

メニュー

今週おすすめの1枚

キーワード


Soulive >

最近の記事

プロフィール

steelydan

Author:steelydan
80年代POPS→フュージョン→HR/HM→ギターインスト→Blues→Jazz→Jambandと好きなジャンルが変遷しながらも、ボーダレスに音楽を楽しむ31歳ギターリスト。
ライブバンドやテクニカルな演奏を好む。
 

最近聞いた曲

月別アーカイブ

最新コメント

QRコード

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。