即興音楽データベース

 


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年一番聴いたアーティスト2009年版

さて今年も終わりが近づいているということで、今年1番聴いたアーティストをLast.fmでScrobbleしたデータを元にランキングにしてみます。

第1位 OZ NOY


B002JODUOSSchizophrenic
Oz Noy

今年新作を発表し、ビルボードライブでの来日公演も行ったOZ NOY。近年私のお気に入りでもあります。

この新作はOZ NOYらしくもあり、新しい要素を取り入れた意欲作だと思います。

今年のヘビーローテーションでした。


第2位 SOULIVE


B002I17XTAライヴ・アット・ブルーノート東京 [2枚組]

こちらも新作「UP HERE」発表、ビルボードライブ来日でした。

そして10月に出た、このブルーノート東京公演2枚組。

これもヘビーローテーションです。


第3位 The Disco Biscuits


B000EQ5QD6The Wind at Four to Fly
Disco Biscuits

フジロック初出演。見に行けなかったのが本当に残念。

個人的に今まで聴いてなかったのがなぜ?って感じ。本当にお気に入りの1枚。

今年一番聴いたアルバムかもしれません。


第4位 ハナレグミ


B0026QYMSWあいのわ

この中では異色だが必然。

永積タカシの歌はハンパなくはまります。


第5位 渋さ知らズ


B001HK0EA8巴里渋舞曲
渋さ知らズ

あまりにもゴキゲンになれる一枚。

これも聴き倒しました。


第6位 Norah Jones


B002P5XPFAザ・フォール
ノラ・ジョーンズ

今年新作を発表したNorah Jones。

ピアノがなくてもノラはノラだ。

こうした変化ができる懐の大きさを感じた。これも良盤。



第7位 The String Cheese Incident


B002TCRPOGTrick or Treat: Best of the String Cheese Incident
The String Cheese Incident

今年は1度限りの再結成を果たしました。

様子を動画等で見ましたが、いつか再結成するんじゃないかと。

Phishのようにね。。


第8位 Jack Johnson


B002KU6BIIコンサート~ライヴ・ヒッツ・コレクション

今年はあまり動きがなかったようですが、素敵なライブ盤が発売されました。


第9位 Hypnotic Brass Ensemble


B002AV4HCOヒプノティック・ブラス・アンサンブル
ヒプノティック・ブラス・アンサンブル

今年の発掘系の一つ。

朝霧JAMに出演ということで聴きましたが、これはかなりいけます。

ライブもよかった!


第10位 John Mayer


B002QEXN2KBattle Studies
John Mayer

今年は新作発表。

このアルバムはマジでいいです。聴きこむほどに引き込まれる。


以下は画像ではりつけました。

last.fm貼付け


今年はいろいろと忙しかったのもあり、本当にライブに行かなかったなと。来年はもっと出かけたいな~


来年ももっと新しいミュージシャンやよい音楽に巡り会えますように。

スポンサーサイト

栗コーダーカルテット 渋さ知らズ - 渋栗 CDレビュー

B001ULYCJ8渋栗
栗コーダーカルテット 渋さ知らズ

「現代の日本のあらゆるバンドの中で最大の音圧を誇る渋さ知らズオーケストラと、最小の音圧、音の小さいことでは他に類を栗コーダーカルテットがお互いの楽曲の内なる魅力をふんだんに引き出す。」


このキャッチを見て即買いしてしまいました。

最小の音圧って(笑)すごい気になりますよね。

内容はお互いの代表曲をカバーしあっていて、渋さでいうと、「本多工務店のテーマ」「ナーダム」「火男」といった曲が最小の音圧で、「ピタゴラスイッチのテーマ」などの曲を最大の音圧?で聴けます。

ほぼ交互に演奏されるので、統一感のない感じになるかと思ったけど、双方がいい感じに馴染んでます。渋さの曲って音はでかいけど、マイナー調が多くて、テンポを落として静かに演奏するのも意外とよい。リコーダーの音って静かな空間によく合いますね。

突発的に購入したわりに結構楽しんで聴いてます。これは買ってよかった。

★★★★☆

渋さ知らズ - 巴里渋舞曲 CDレビュー

B001HK0EA8巴里渋舞曲
渋さ知らズ

渋さ知らズのパリでの海外公演を納めたライブアルバム。2枚組。

渋さはライブを直に見ないとよさがわからないよ~なんて言わせないくらい、素晴らしい出来のライブアルバムに仕上がっています。

特に、Disc2の後半、「LION」⇒「ひこうき」⇒「ナーダム」⇒「本多工務店のテーマ」⇒「仙頭」⇒「ステキチ」という流れは最高ですね。ライブで踊りまくりたい気分になりますよ。

あと、パリジェンヌに「えんやとっと、えんやとっと」を強要する、MCわたべさん。しかも何度も。これは笑えますよ。

ついでに初回だとDVDがついてきます。素人カメラですが、「We are a Fisherman Band」あたりの様子が収録されてます。

これは買いですね!

★★★★★

Home

スポンサー

ブログ内検索

メニュー

今週おすすめの1枚

キーワード


渋さ知らズ >

最近の記事

プロフィール

steelydan

Author:steelydan
80年代POPS→フュージョン→HR/HM→ギターインスト→Blues→Jazz→Jambandと好きなジャンルが変遷しながらも、ボーダレスに音楽を楽しむ31歳ギターリスト。
ライブバンドやテクニカルな演奏を好む。
 

最近聞いた曲

月別アーカイブ

最新コメント

QRコード

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。