即興音楽データベース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GREENROOM FESTIVAL '10に行ってきた

久々のブログです。

ブログも久しぶりなら、ライブも久しぶりということで、横浜赤レンガ倉庫横の広場で開催された、「GREENROOM FESTIVAL」に行ってきたので、写真とともに振り返ることにします。

GREENROOM FESTIVAL入り口
まずは1日目。渋さ知らズが一発目ということで、ちゃんと定刻12時に集合していきました。日曜日が雨の予想だったからか、1日券が長蛇の列となってました。


GREENROOM FESTIVALステージ
メインステージは海に向かって。

GREENROOM FESTIVAL中
中は芝生もあり、人も多すぎずでなかなか快適。

s-IMG_4493.jpg
ハンモックで寝たい。

GREENROOM FESTIVAL lineup
GREENROOM FESTIVAL art1
GREENROOM FESTIVAL art3
会場外には、アーティスティックな作品がたくさんあって楽しい。

GREENROOM FESTIVAL art4
赤レンガ倉庫中でギャラリー開催されてました。中ではムービーも。

s-IMG_4485.jpg
ステージ裏はみなとみらいのビル群が。

s-IMG_4504.jpg
夜はミラーボールにキャンドル。ヘブン的な雰囲気。

s-IMG_4509.jpg
となりのBird Stageからよるの赤レンガ倉庫を。

おっと、肝心のライブの感想を全く書いてませんでした。

まず1日目、個人的に印象に残ったのが、「THE RAY MANN THREE

3ピースで座ってまったり系なんだが、ここち良くうまいギターと3人の楽しげな雰囲気が印象的。最後はしっかり盛り上げてくれました。これは良いバンドだ。

そして、「Arrested Development」さすが老舗の貫禄と言った感じで、もうあげまくり。女性ボーカルもいい。最後のほうで、G.Loveが飛び入りしました。

2日目は雨のため、、Pe'zとBLUE KING BROWNだけ観ました。

結局、クルージングでDJパーティが行われてた、SHIP STAGEには行けませんでした。

まあ、初子連れのライブだったので、あんまり自由もきかず。というか、周りの友達にも自由をきかせず、いろいろと迷惑をかけてしまいました。この場を借りてお詫びを。。

GREENROOM FESTIVALは初参加だったんですが、とても良かったです。人もさほど多くなく中は快適、気候もいい時期だし、赤レンガ倉庫で休憩もでき、なんといっても1時間以内に帰れるのは魅力的です。

強いて言うなら、フェスごはんを充実させてほしいところ。

雨さえなかったらよかったのになあー

毎年行きたいイベントになりました。
スポンサーサイト

「This Is It」 - Michel Jackson 感想

B002YK4U4Gマイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

発売日に購入しずっと楽しみにしていた「This Is It」やっと観ました!

「これはあまりにも必見だ!」と、映画を観た友達からの紹介もあり、世間でもCMや各レコードショップなどのイベントなど大々的にプロモーションされていたので、どんなに凄い内容なのかと、期待値かなり高めで観たのですが、その期待を遥かに超えるものでした。

内容は、2009年の7月からロンドンで行う予定だった復活コンサートのリハーサルと舞台裏を収めたもので、一見マイケルのコレクターズアイテム的な感じがするのかと思ったんですが、これこそマイケルの偉大さを再確認させる素晴らしいドキュメンタリーに仕上がっています。

まず、マイケルの歌、踊りがハンパなく凄い!このリハの後に亡くなってしまうなんて微塵も感じさせない。本当に50歳の動きには見えない。おそらくこのショーに向けて体調をかなり合わせてきたんだろうなと、マイケルのショーに向ける意気込みを感じさせる。

映像技術、ショーの構成、バックダンサー、そしてバックミュージシャンも凄い!どれを取っても一流な人たちが集結していて、マイケルの感性を忠実に捉えていたのがとても印象的でした。

そしてマイケルの名曲の数々を聴いて、改めてマイケルの偉大さがひしひしと感じられました。最後の方は本当に泣けてきます。

ここまでの準備があったのに、このコンサートが実現されなかったのが本当に悔やまれます。。


続きを読む ≫

SOULIVE Billboard Live公演決定

SOULIVEがBillboard Live公演決定のようです。

5/26(水) ビルボードライブ大阪
5/27(木) ビルボードライブ大阪
5/28(金) ビルボードライブ東京
5/29(土) ビルボードライブ東京


メンバーは、3人+ホーン隊でしょうか。

ClubBBL/法人会員は3/19から、一般は3/26からチケットの予約開始だそうなのでお忘れなく。

フジロック2010 早割り発売発表

さて今年もフジロックの早割りあります。

2/13(土)10:00 ~ 2/21(日)23:00 インターネット受付

チケットぴあでチケット情報を見る

イープラスでチケット情報を見る


自分でこの早割りで当たったことがないので、そろそろ当たらないかなと。

そういえば元旦の発表どおり今年のフジロックは、7月30日(金)31日(土)8月1日(日)開催で8月にかかるんですね。8月に近いほうが、天気が良いイメージがありますがどうでしょうか。

今年は誰が来るのか、3月初旬あたりに発表されるであろう第1弾、非常に楽しみです。

今年一番聴いたアーティスト2009年版

さて今年も終わりが近づいているということで、今年1番聴いたアーティストをLast.fmでScrobbleしたデータを元にランキングにしてみます。

第1位 OZ NOY


B002JODUOSSchizophrenic
Oz Noy

今年新作を発表し、ビルボードライブでの来日公演も行ったOZ NOY。近年私のお気に入りでもあります。

この新作はOZ NOYらしくもあり、新しい要素を取り入れた意欲作だと思います。

今年のヘビーローテーションでした。


第2位 SOULIVE


B002I17XTAライヴ・アット・ブルーノート東京 [2枚組]

こちらも新作「UP HERE」発表、ビルボードライブ来日でした。

そして10月に出た、このブルーノート東京公演2枚組。

これもヘビーローテーションです。


第3位 The Disco Biscuits


B000EQ5QD6The Wind at Four to Fly
Disco Biscuits

フジロック初出演。見に行けなかったのが本当に残念。

個人的に今まで聴いてなかったのがなぜ?って感じ。本当にお気に入りの1枚。

今年一番聴いたアルバムかもしれません。


第4位 ハナレグミ


B0026QYMSWあいのわ

この中では異色だが必然。

永積タカシの歌はハンパなくはまります。


第5位 渋さ知らズ


B001HK0EA8巴里渋舞曲
渋さ知らズ

あまりにもゴキゲンになれる一枚。

これも聴き倒しました。


第6位 Norah Jones


B002P5XPFAザ・フォール
ノラ・ジョーンズ

今年新作を発表したNorah Jones。

ピアノがなくてもノラはノラだ。

こうした変化ができる懐の大きさを感じた。これも良盤。



第7位 The String Cheese Incident


B002TCRPOGTrick or Treat: Best of the String Cheese Incident
The String Cheese Incident

今年は1度限りの再結成を果たしました。

様子を動画等で見ましたが、いつか再結成するんじゃないかと。

Phishのようにね。。


第8位 Jack Johnson


B002KU6BIIコンサート~ライヴ・ヒッツ・コレクション

今年はあまり動きがなかったようですが、素敵なライブ盤が発売されました。


第9位 Hypnotic Brass Ensemble


B002AV4HCOヒプノティック・ブラス・アンサンブル
ヒプノティック・ブラス・アンサンブル

今年の発掘系の一つ。

朝霧JAMに出演ということで聴きましたが、これはかなりいけます。

ライブもよかった!


第10位 John Mayer


B002QEXN2KBattle Studies
John Mayer

今年は新作発表。

このアルバムはマジでいいです。聴きこむほどに引き込まれる。


以下は画像ではりつけました。

last.fm貼付け


今年はいろいろと忙しかったのもあり、本当にライブに行かなかったなと。来年はもっと出かけたいな~


来年ももっと新しいミュージシャンやよい音楽に巡り会えますように。

SOULIVE - Live at Blue Note Tokyo CDレビュー

B002I17XTAライヴ・アット・ブルーノート東京 [2枚組]
ソウライヴ

すっかり見逃していました。私も見に行った2008年7月のSOULIVEブルーノート公演のベスト曲集2枚組です。

Disk1がいつものトリオでの演奏、そしてDisk2はホーン隊(サム・キニンジャーなど)が加わった形という構成。

はっきりいって、えげつないことになってます。ニールのぶりぶりのベースにアランのファンキーなドラム、エリックのギターワーク、これぞSOULIVEのライブの醍醐味を味わえるアルバムです。

SOULIVEでは、個人的に以前の「ライブ!」に収録されている「1 in 7」がお気に入りだったりしますが、今回もなかなか激しい感じになってます。インストでここまで盛り上がれるバンドもすごいですよね。

ホーン隊つきの方も、「Tuesday Night's Squad」そして最後、お決まりの「Tighten Up」といったところがなかなかヤバイ感じです。

SOULIVEはやっぱインストがいいのかな。

B0029ZUQ94Up Here
Soulive


こちらの新作輸入盤には、なんとブルーノート公演のDVD付きだったようです。

DVD欲しさに新作をもう一枚買ってしまうか。

Galactic来日決定

新作「ヤ・カ・メイ」を2010年1月20日にリリースのGalacticが来日です!

■大阪
2010.3.26 (fri) Shinsaibashi CLUB QUATTRO
■名古屋
2010.3.27 (sat) Nagoya CLUB QUATTRO
■東京
2010.3.28 (sun) Shibuya CLUB QUATTRO
2010.3.29 (mon) Shibuya CLUB QUATTRO

Galacticチケット情報を見る


前作はゲストボーカルをたくさん集めて、もろヒップホップ路線でしたが、今回はアラン・トゥーサン、アーマ・トーマスやリバース・ブラス・バンドといったニューオリンズのレジェンドとの豪華共演、ファンク、ヒップホップ、ジャズの織り交ざった原点回帰とも言えるアルバムになるようです。

いつものようにmyspaceで1曲視聴できます。

http://www.myspace.com/galactic

これは渋い!なかなか期待できそうですね。

チケットはすでにプレリザーブ抽選期間で、12/19から一般発売のようです。お早めに!

HomeNext ≫

スポンサー

ブログ内検索

メニュー

今週おすすめの1枚

キーワード


最近の記事

プロフィール

steelydan

Author:steelydan
80年代POPS→フュージョン→HR/HM→ギターインスト→Blues→Jazz→Jambandと好きなジャンルが変遷しながらも、ボーダレスに音楽を楽しむ31歳ギターリスト。
ライブバンドやテクニカルな演奏を好む。
 

最近聞いた曲

月別アーカイブ

最新コメント

QRコード

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。